和久井映見の子供と障害、名前と学校は?結婚した夫は萩原聖人で離婚して竹野内豊と再婚?


和久井映見さんと萩原聖人さんが結婚したのは1995年でした。
それから4年後に第一子である長男が誕生しますが、さらに4年後には離婚。理由は、それぞれが新しい人生をスタートさせるためと公にはコメントしていましたが…

和久井映見の子供と障害、名前と学校は?

長男誕生からたった2年で別居生活をしており、家族3人が生活を共にしたのは短い期間でした。

長男の名前は琉太(りゅうた)くん。
1999年生まれで現在は中学生ですが、学校は非公開でした。

障害については、息子さんに障害があるのではなく、和久井さんが以前演じたドラマ『ピュア』での役が知的障害者の役だったことで一緒に話題に上っています。

WS000005

また、和久井さんの生い立ちが、ご自身も母子家庭貧しく育ち、叔父宅にいるころ暴力を振るわれていたという話です。

そのため、和久井さん自身に幼少期にチック症が出ていたことがあるそうで、その関係でも話題になっているのかもしれません。

<スポンサーリンク>


結婚した夫は萩原聖人で離婚して竹野内豊と再婚?

離婚の背景には、萩原聖人さんのギャンブル好きがあったようです。
元旦那の萩原聖人さんは職業に、他の芸能人ではあまりみることのない『雀士』という言葉があります。

WS000004
雀士とは麻雀を打つ人の事ですが、一般的にはプロの麻雀士を指します。
萩原さんは麻雀大会での優勝なども多く、ギャンブル系の仕事はどんなにギャラが安くても断らないという徹底ぶりです。

これは和久井さんと結婚する前からのことですが、時期的にはちょうど結婚したころからギャンブルタレントとして認知度も上がってきたと記憶しています。

パチンコ中毒という言葉がありますが、麻雀も同様です。麻雀の場合は夜に場が立つことが多く、徹夜で麻雀などは雀士にとっては普通のことです。

しかも萩原さんの場合、さらに酒飲みでもあり、女性問題もありました。

ある週刊誌が、離婚の理由は和久井さんが家事をしないためという噂も立てていましたが、ギャンブル中毒の人間との普通の生活は成り立ちません

筆者は幼年期、家業が雀荘だったのでありとあらゆる層の博打打を見てきましたが、ゲームにはまりこむ姿が薬物中毒者のような人もいました。
通常のサラリーマンが会社帰りに遊ぶ程度なら問題ありませんが、雀士と名乗る以上、やはり萩原さんは底辺を知っているだろうと思います。
プロの雀士もいますが、そんなスマートな世界ではなく、雀士とは、家庭を顧みない社会的に問題のある人の集まりでしかありません。
そしてそこに誇りを持っているのも特徴です。

そしてこの生活は、子供が生まれても変わらなかったといいます。

そんな生活に嫌気がさした和久井さんが家を出て別居。その2年後に離婚が成立しています。親権は和久井さんが持っています。

現在、2012年に『もう一度君に、プロポーズ』で共演した竹野内豊さんと熱愛、再婚の噂がありますが、噂が出始めたころ、2ちゃんねるなどで心無い書き込みがあり、それを見た息子さんが不登校になっているという情報がありました。

WS000006

しかし、そもそもこの熱愛報道自体がガセという話もありますので、元気に学校に通っていてくれているといいのですが。

ドラマ『ホワイト・ラボ』も見ていましたが、和久井さんは今年44歳になるとは思えないかわいい姿。そしてアンチ不在といわれる性格の良さ。

シングルマザーでも、和久井さんが母親なんて息子さんは幸せだと思いませんか?
今後も注目して行きたいと思います。

追記(2015年10月18日)

現在44歳の和久井さん。
2015年現在、最近はドラマで映画でとよく活躍なさっているように思えます。
1999年に生まれの息子さんは、今年、高校に進学したと思います。2013年は舞台のみの活動だった和久井さんも、息子さんが高校生になり、ずいぶん手も離れ、仕事にエネルギーを向けられるようになってきたのでしょうか。
子供の親離れは寂しいものですが、それは成長にほかならず、そのおかげでまた演技する和久井さんをドラマや映画で頻繁に観られるようになったのであれば、ファンにとっては嬉しいことですね。
月9のドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』では、天才数学者の藪下小夜子役が似合っていました。主役の杏さんとそう年齢も変わらないのではと思えるようなベビーフェイスの和久井さん。これからも活躍がますます期待できますね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>