宮沢りえ、子供の学校は?受験した幼稚園はどこ?名前と年齢は?離婚は?激やせと劣化の原因は?


宮沢りえさん。7年ぶりの主演映画『紙の月』の完成会見で、また激やせした姿を披露していましたね。
年齢も41歳ということで、劣化の声もありました。
現在は離婚協議中で旦那とは別居中。子供は宮沢さんが育てていますが・・・

幼稚園の入園式に、推定140万円のシャネルのスーツを着て列席したことでも騒がれましたが、入園式の段階ではすでに離婚協議で別居中でした。

WS000012

ひとりで娘の手を引いて歩く姿を週刊誌は撮影しています。

子供の学校ですが受験した幼稚園は成城幼稚園ですので、幼稚園卒園の2016年には、そのまま学校は成城学園に進むことでしょう。

小学校は成城学園初等学校、中学と高校は成城学園中学校高等学校、そして大学は成城大学と、何もなければ進んでいくと思われます。


宮沢さんが結婚したのは2009年4月。
相手は当時ハワイ在住、日本人実業家で元プロサーファーという肩書を持つ、中津ひろゆきさんという方です。

結婚を発表した段階ですでに妊娠6か月。同じ年の5月20日に女の子を出産しました。
出産年齢は36歳で、高齢出産
出産した産院は芸能人御用達の山王病院

子供の名前はアロハちゃんという愛称が出てきました。
正式な名前は不明で、非公開になっています。
2015年の年齢は6歳です。

WS000013

結婚生活は旦那さんの仕事拠点がハワイということがあり、日本とハワイの二重生活でした。
離婚前の1年くらいは旦那さんが日本に戻り一緒に暮らしていたようですが、考え方の違いが重なったと、離婚協議中の発表があったのが2012年5月でした。

ほんの3年間の短い結婚生活でした。


結婚生活は3年ですが、離婚協議に入ってからすでに2年以上が経過しています。

離婚協議が進まず、泥沼化と言われていますが、お互いに弁護士を立てて話し合いを勧め、離婚調停まで持ち込まれますが不調となっています。

離婚の流れは、まずは離婚の意思があることを相手に伝えます。
そこで話がまとまれば協議離婚が成立。

まとまらない場合は、離婚調停となり、公的な第三者に介入してもらい、双方で妥協点を見つけていきます。ここでまとまれば、調停離婚が成立。

まとまらない場合は、審判離婚に移行しますが、多くの場合はこの審判離婚ではなく裁判離婚へと移行します。
審判離婚は離婚・親権・養育費には合意をしているが、財産分与においてのみ、調停で話合いが決裂し合意に至らない場合に用いられることが多いためです。審判離婚 http://www1.c3-net.ne.jp/tairajim/rikon-shinpan.html

宮沢さん夫婦の場合、娘さんの親権で争っていますので、調停離婚の次は裁判離婚の場へと移行します。
もちろん、裁判をするかどうかは当事者の意思によりますので、ここで再び協議離婚へと戻っていくこともありますが。

冒頭でもお伝えしたように、激やせと劣化の話題が再び持ち上がっている宮沢りえさん。
このまま裁判ということになれば、拒食症の再発も心配です。

WS000016WS000014

 

過食嘔吐摂食障害の特徴になることもある下半身の細さが、最近でもこの姿から見て取れます。

WS000015

 

以前拒食症で激やせしたときの原因は、貴乃花親方との婚約が破局したためと噂されています。

その背景にはステージママである母親の意向があったと噂されています。
つながりの深かった宮沢さん母子ですが、母親が他界した今、宮沢さんの人生や離婚問題がどのような道に進むのか、演技のみならず、その生き方さえも注目してしまう女優さんです。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>