葉加瀬太郎の子供の名前と学校は?娘もバイオリン?息子は発達障害?嫁との馴れ初めは?


その髪型に目が行きがちですが、豪快と繊細が美しく混ざりあった演奏で人の心を掴む葉加瀬太郎さん。
特に誰もが知る『情熱大陸』は彼を代表する一曲であり、誰でもあのフレーズは口ずさむことができるのではないかと思います。
また、同番組のエンディングで流れる『エトピリカ』も名曲として有名ですね。
団地育ちの葉加瀬さんの子供時代は、時代的に子供に習い頃をさせることが流行っていたそうで、彼も幼少の頃からヴァイオリンを習い始めていたようです。
その後は学生時代にバンドの一員として音楽の世界に入り、1997年にソロデビューを果たしています。
数々の曲を演奏しており、世界的歌手のセリーヌ・ディオンさんのツアーへの参加やドラマ『てっぱん』のテーマ曲『ひまわり』を手がけたりと幅広い活躍をしています。
私生活では女優の髙田万由子さんと1999年に結婚をしており、現在では2児の父となります・・・

葉加瀬太郎の子供の名前と学校は?

葉加瀬太郎さんと髙田万由子さんご夫婦。
結婚は1999年。

ws000015

先程も書きましたが葉加瀬さんと髙田さんには2人のお子さんがいます。

夫婦共に有名な人ですので子供の情報について明かしていないのかと思ったのですが、どちらのお子さんもメディアによく登場しています。

第一子となるのは娘であり長女の、名前は向日葵(ひまり)さんです。

ws000016

葉加瀬さんが結婚をした年に生まれていますので、現在は17歳になっているのではないでしょうか。

第二子は息子である長男のお名前は万太郎(まんたろう)くんといい、姉とは7歳年下となりますので今は10歳だと思われます。
探せばテレビにVTRで出演した時の画像を見ることができますね。

どちらのお子さんも、二人も出産してなお劣化知らずの綺麗な母親の顔立ちと、父親譲りの音楽の才能を持っているようで、ネットでは姉弟揃って「可愛い、天才」など注目を浴びています。

ws000018ws000023

そして、どちらも学校に通っている年齢ですので、やはりどこの学校に通っているか気になる所です。

今はイギリスのロンドンにある自宅で家族揃って生活をしているので、そちらの学校に通っているといわれています。
番組で取り上げられたことがありますが、もちろん豪邸で、音楽家の家らしく室内に大きなピアノが置いてあります。

さすがに学校名はわかりませんでしたが、母である髙田さん自身も東大を卒業している高学歴ですし、教育熱心であると噂されていますのでイギリスの名門に通っているかもしれませんね。

しかし、一度『ナイナイアンサー』へ出演した髙田さんが、息子さんの小学校受験に失敗したと告白したことがありました。

この一件にはショックを隠しきれなかったようですが、その後はイギリスの学校へ入学したようですので、言葉の問題もありながら、受験に失敗したとはいえ海外の学校へ通うというのはすごいことだと思います。

<スポンサーリンク>  

娘もバイオリン?息子は発達障害?

そんな2人の子供たちも父と母の影響を受けて音楽に親しみを持っているようです。

ws000019

娘の向日葵さんも2歳の頃からバイオリンを初めており、母の指導を受けてコンクールで金賞を受賞するなど早くもその才能を輝かせています。

ちなみに母の髙田さんはバイオリンの経験が全く無いそうですので、バイオリンの技術等については葉加瀬さんが指導しているのでしょうね。

息子の万太郎君はスポーツが得意で、更に料理の腕前もレベルが高いそうです。

また、幼い頃からロンドンで生活していますので英語も何不自由なく操るほどの英語力を持っています。

しかし、あまりにも活発過ぎることから息子の暴力に頭を悩ませた時期があったと髙田さんは語っていました。
2013年に出演した『解決!ナイナイアンサー』で、このように語っています。

息子が暴れん坊すぎ! 暴れん坊というか、言うことを聞かない…ワル。悪いの! ホントに、ダメと言ったことをやるのが好きなのね。口で言って“ダメよ”って言うと、二言めには手が出て…

長男は空手を習っていることもあり、力が強く、叩かれると本当に痛いという。また殴ったり、蹴ったりするだけでなく、「殺す」「刺す」といった物騒な言葉も飛び出すのだそう。そんな息子を高田は、「本当に嫌いだった」とまで打ち明けた。

その一方で、思春期の長女に関しては「天使ちゃんなので、全然大丈夫!」と顔を輝かせる。

空気も読めるし、勉強もちゃんとしてくれるし、性格もいいし、本当に問題がない子なので、問題があるとすれば息子。全部いいものを娘が持って行っちゃった感じで、お腹の中に何も残ってなかったのか!っていうぐらいに、ワルで、本当に悪いんです。NEWポストセブン http://www.news-postseven.com/archives/20130610_192716.html

二人の子供に対して、このように語っていました。
息子は6歳頃から暴言や暴力といった行動が目立っており、一時期ではありますがアスペルガーやADHDなどの発達障害が噂されていました。

どうも小学校受験に落ちたというのが始まりだったようで、私立へ受からなかったという息子の事が2ちゃんなどのネットメディアで取り上げられ、そういった発達障害を持っているのではないかと広まったようなのです。

親である2人はそういった行為が悩みのタネでしたが、成長すると共にそういった行為も身を潜めてきているようです。

6歳の男の子といえば少し汚い言葉使いや力の加減もまだまだ判らない年齢ですので、そういった姿と受験が絡み発達障害という噂になったのではないかと思います。

むしろ髙田さんの亡くなった父親に顔や性格までそっくりで、息子は生まれ変わりと思い愛情を注いで育てているようです。
暴力や暴言などはもしかしたら息子から母親に対する愛情の裏返しだったのかもしれませんね。

嫁との馴れ初めは?

葉加瀬さんと髙田さんはどういった出会いだったのでしょうか。

2人の出会いは葉加瀬さんがデビューしてすぐの頃でした。
彼がライブで演奏している姿を見た髙田さんは、その姿を音楽に衝撃を受けたそうです。

彼女の友人に葉加瀬さんと同じ大学へ通っている方がいたそうで、葉加瀬さんを紹介して欲しいとお願いしたことが馴れ初めのようです。
つまり、高田さんからの強いアプローチだったわけですね。

ws000020

その後は交際も始まり順調ではあったのですが、葉加瀬さんがセリーヌ・ディオンのツアーに同行することでなかなか会うことができなかったのです。

そこで髙田さんは世界を飛び回る葉加瀬さんの元へ行くために海外へ出向き、彼と合流する事を選ぶなど彼女がいかに葉加瀬さんを思っているのかわかるエピソードがあります。

そして葉加瀬さんはプロポーズの言葉としてずっと宜しくお願いしますというメッセージをチケットに同封して彼女に渡したのですが、これがプロポーズと判らなかった髙田さんはこのメッセージをスルーしてしまったようです。

後日、葉加瀬さんにそれがプロポーズだったと聞いて初めてわかったそうです。
なんだか、素敵なエピソードですね。

実は髙田さんの実家は西麻布にある豪邸で、父の職業は高田商会という有名な会社の経営者でなのです。
家は代々財閥であり、もともと、セレブな家の方だったんですね。

ws000021
彼女はいわゆるお金持ちのお嬢様ということで、当初は葉加瀬さんとの結婚は反対されていいたようです。

それでも父に認められるよう努力を積み重ね、7年という時間をかけて結婚を許して貰ったというエピソードがあります。

夫である葉加瀬という姓は、母の再婚相手の苗字であり、その母が葉加瀬の家を出て行ったという事で結婚を機に婿養子として入っていますので、彼の本名は高田太郎となります。
葉加瀬さんにとっては血のつながりのない苗字になりますので、そのような決断をされたのでしょう。

ws000022

2016年も変わらず活動を続けている葉加瀬太郎さん。
2016年も全国でコンサートをしており、チケットの販売も始まっています。
また8月には3年ぶりの新作アルバム『Joy of Life』というCDも発売しましたので、彼の活躍は衰えることはありませんね。
過去の演奏も、YouTubeを探せば観ることができます。

髙田万由子さんも世界を飛び回るために育児や家の事になかなか手が回らない旦那を支えるなど、家を支える中心的な立場で頑張っています。
コンサートや世界ツアーなどで忙しいとは思いますが、これからも人の心に響き渡る音楽を私たちに聞かせて欲しいですね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>