雛形あきこ、子供と別居で親権を放棄した理由は?離婚は?中学受験?再婚の相手は?

Pocket



女優の雛形あきこさん、もともとはグラビアアイドル出身ですが、ドラマは名作が多く、またバラエティなどでも活躍されています。
しかしプライベートでは離婚と再婚歴があり、前夫との間の長女は・・・

雛形あきこ、子供と別居で親権を放棄した理由は?

雛形さんの長女は、別れた夫と、その再婚相手と暮らしているようです。
子供とは別居しているということですね。

順を追って見ていきますね。

雛形さんが最初に結婚したのは1998年5月、相手はCMディレクターをしている山本一磨さん。
アコムや旭化成のCMを手掛ける映像ディレクターです。作品をご覧になると、きっと観たことがあると思います。

雛形さんは当時20歳でした。

WS000018

結婚から2年後の2000年5月11日に長女を出産します。
名前は伊吹(いぶき)ちゃん。

しかし子供が3歳半を過ぎた2003年11月28日、夫と離婚します。

<スポンサーリンク>


離婚は?

夫婦はこの年の9月から別居生活に入っていたとのことで、この直後、フジテレビ系「とくダネ!」のインタビューで雛形さんは離婚の原因について、

お互いの考え方というほどではないが、何か合わない部分が出てきた。子供の教育のことで、もっと仕事を休んでできないか、ということがあった。

このように語っています。

親権は別れた夫が取りました。
養育は雛形さんということですが、実はここには理由があったようです。

その前に、子供の親権という言葉の中には、財産管理権身上監護権という権利義務が存在します。
子供の養育については、養育権という言葉が使われることもありますが、本来はこの身上監護権の中に含まれる監護権がそれに当たります。
ですので、通常であれば親権を持った方が子供を養育することになるわけですが、状況に応じて親権は片方が持ち、その中で監護権だけをもう一方が持つ、ということもあります。

雛形さんの場合、離婚報道記事を読むと、親権は父親の山本さん監護権は母親の雛形さんと読み取ることができますが、実際には違うようです。

雛形さんは離婚後も女優として母親役をやることもあり、取材に答えて、

娘を後ろに乗せて自転車をこぐシーンなどは「普段、子供といるときの延長のような感じ」と楽しく演じている。

などの回答がありますが、こういった母親のイメージに対して、『実際には子育てなんかしていない、子育て詐称だ』と告発している書き込みがあります。

雛形さんは子供を育てていない、一緒に暮らしていないという告発です。

しかし別の書き込みでは、この子育て詐称には、深い事情があるというのです。
昔現場で一緒に働いていたものという方によると、

まず、夫婦間が冷え切ったときに彼女が子供を連れて別居してました。
それに逆上した旦那さんは、彼女から親権を奪うのに必死になりました。
そのタイミングでうまいこと、彼女の不倫が報じられました。
カー****事件のことです。http://www.g-uwasa.com/ura3/uranews241.html

これにより、雛形さんは親権を放棄せざるを得なくなったのだと書いています。

雛形さんは生い立ちが複雑で、父親が失踪しており母親と弟の面倒を見ている状態とのこと。

そう考えると、離婚後も仕事を辞めるわけにはいかない雛形さんには、養育は自分の方が適していると主張しても認めてもらうことは困難だったかもしれません。

そんなわけで伊吹ちゃんは父親の元で継母と暮らすわけですが、たまに先方の都合に合わせて娘に会わせてもらえる時には、どんなに多忙でも必死にやりくりして娘との時間を作っていたということです。

そんなささやかな親子の共有時間のエピソードをバッシングされていると、その方は書いています。

しかし、フライデーがマネージャーとの車中情事を報道したのは2001年のことです。
離婚は2003年11月で、別居は離婚2か月前からという報道がありますから、この方の主張も若干無理があるように思えます。

先の離婚直後のインタビューでも、

20歳での結婚、破局を振りかえって、「失敗じゃなかったよね、と2人で話しました。失敗じゃなかったと思います」

とありますので、夫婦納得の上で親権も決めたのではないかと思います。

中学受験?再婚の相手は?

そんな雛形さんも、娘さんの中学受験を機に再婚します。
再婚したのは2013年3月25日。相手は俳優の天野浩成さん、仮面ライダーギャレンです。

WS000017
伊吹ちゃんが受験した学校は、調べてみたのですが情報はありませんでした。

この時の記事を読むと
長女は天野にも信頼を寄せ、母の再婚に理解を示しているという。
新たなスタートができたことに感謝し、家族への思いやりを忘れず・・・
家族を思いやり、支え合いながら笑顔の絶えない家庭にしたい
野田義治社長は「子供を第一に考えた再婚。心から祝福してあげたい」と喜んでいる。
などがあります。
まるで母子二人家庭で、シングルマザーの母が再婚したかのようなコメントです。

2007年に出演した中居正広の金曜日のスマたちへでも、木村藤子さんに相談した内容は『子育てと仕事の両立は可能か』という質問でした。

実際には?

実際に雛形さんが伊吹ちゃんの面倒を見ているか、あるいは本当に、バッシングされているように、面倒を見ていない娘を見ているかのように話しているか、判断が付きかねますね。

しかし、もう一つの可能性として、娘さんの養育に関しては、お互いの家庭でそれぞれきちんと面倒を見ているということも考えられます。

伊吹ちゃんの福祉が最優先され、伊吹ちゃんが行きたいときにどちらの家も行き来できる、そんな環境で養育されているならば、それは子供にとってはよいことなのかもしれません

伊吹ちゃんの年齢は今年14歳です。
これから思春期で難しい時期ですが、たとえ別作業でも、両親によって、きちんと支えてあげられるといいですね。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>