神田うの、子供の幼稚園と名前は?ダウン?お弁当がひどい?産婦人科はどこ?ベビーシッターが?

Pocket



こんにちは。今回お送りするのは、神田うのさんの子育てや教育に関する話題です。

神田うのさんは2007年にパチンコチェーン店、不動産会社経営の西村拓郎さんと結婚し、2011年10月22日に第一子である女の子を出産しました…

神田うの、子供の幼稚園と名前は?ダウン?

神田さんは方針により、お子さんの顔や名前を公開していません。ブログでは小Unoとかこうのちゃんと呼んでいますが、どうやらお名前は咲良(さら)ちゃんというらしいです。

ブログで手足がだらりと下がっている写真があり、それを見た一部の人たちが子どもに障害があるのではないかと噂したことがありました。
WS000021

大きくなっているのにも関わらず、抱っこひもで抱かれている写真が多いことから、歩かないのではという噂になり、そこから、ダウン症、自閉症などの噂が立ちましたが、単なる噂だけのようでした。

幼稚園に関しては確実なところはわかっていませんが、有力なのはドルトンスクールです。
ドルトンスクールは、アメリカのヘレン・パーカースト女史が提案した教育法”ドルトンプラン”を実践している学校ですね。

また、プリスクールに通っているのではという噂も小耳に入ってきますが、プリスクールは英語環境で保育してくれる施設ですね。都内だけでも数多くあります。

いずれにしても月謝は月8~16万円ほどが相場で、ちなみに伊東美咲さんは月謝18万円を払っているという噂です。

<スポンサーリンク>


お弁当がひどい?産婦人科はどこ?ベビーシッターが?

2014年5月のブログに”お弁当スタート”と手作りのお弁当の写真を載せています。
ですので、どこかのスクールに通っているのは確実なようですが、今、このお弁当が大変注目されています。

見た人からは『まずそう』『ひどい』『下手』と酷評を受けています。わざわざ黒毛和牛って書く?など。

WS000022
しかし、ブログには『パプリカを少し残していただけで、後は全て完食』と書いてあり、幸せそうなママの姿が見られました。

お子さんのお弁当はキャラ弁がブームで、作品のようなお弁当を作る方が大勢いますので、それに比べたら確かに下手に見えるかもしれません。でも、咲良ちゃんにはほかのなにより美味しいお弁当ですよね。

ちなみに、神田さんがお子さんを出産した産婦人科は山王病院(東京都港区赤坂)です。
出産費用100万円といわれています。

WS000023

神田さんはファッション・デザイナーとしても有名ですが、UNOUNO Honey Angelというブランドもプロデュースしています。
ママと子供のグッズがたくさんありますが、マザーズバッグも多機能で使いやすいものになっているようです。

子供が生まれるとそれまでのライフスタイルががらりと変わりますよね。
バッグだって、ちまっとしたものではおむつも入らないし、着替えに離乳食やおやつなど、赤ちゃんの荷物は本当に大変です。

多くのママはそれまでの女性としてのスタイルから、実用的なスタイルへと変更を余儀なくされますが、それでも、ちょっとでもおしゃれなものを持ちたいですよね。

子供だって旦那さんだってきっと、きれいなママの方が嬉しいはず。
芸能人をお手本に、いろんなオシャレ情報もアップして行きますので、お楽しみに!

追記 ベビーシッター窃盗事件

ベビーシッター窃盗事件に思う子育ての方法について。

2015年6月2日、神田うのさんが雇っていたベビーシッターから窃盗の被害を受けていたことを告白しました。
窃盗を行い、裁判で、執行猶予なしの2年4月の実刑判決を受け、現在は控訴中のベビーシッターは、うのさんが雇っていた4人のベビーシッターの内、もっとも年齢が高い60歳の女性で、名前は公開されておらず、顔写真なども不明とのことです。

うのさんが被害に遭った総額は3000万円相当。少しずつ家から持ち出していたようで、立件できなかったものも含めて約70点のブランド品などが消失していたそうです。

この件でうのさんは、4人もベビーシッターを雇っていたということでバッシングを受けていました。彼女の子育てについて、4人のベビーシッターがいたことや、高額なブランド品が無くなっても気が付かないでいたことなど『どこまでもセレブな生活』と批判的な意見が生まれました。
被害者であるにもかかわらず、さらなるバッシングを受けたわけです。

この、窃盗を行った女性の動機は私の息子は発達障害を患っていて、服を買ってあげれば精神的に落ち着く。だから息子に服を買ってあげたかったというものでした。

それでいて『謝罪がない』と神田うのさんは号泣していましたが、お金持ちである神田うのさんの暮らしの中から搾取を行うことは、彼女にとっては正当であり、また、そうしなければならない理由があるという心の働きなのかもしれません。
芸能人が批判を受けることに通じる心の動きのように思えます。

羨ましい、妬ましい。ベビーシッター4人なんて、いつ自分で子育てしてるの? 芸能人の子供なんて、親が忙しすぎて、まともに育つわけがない。小さい頃に実の親にきちんと子育てされないなんて、子供が可哀想・・・。などなど、実際にネット上では様々な批判がありました。

しかし、芸能人であり実業家でもある神田うのさんの生活は多忙でしょうから、子育てに人の手を借りなければならないのは当然のことでしょう。
だからといって、うのさんの娘が、まともに育たないという理屈はなく、こんな育て方をすればこうなるというマニュアルのない子育ての中では、それもやり方のひとつにしか過ぎないのですが。

行われたのは犯罪ですし、きちんと罪が裁かれ、そして、護られるべき娘である咲良ちゃんの心の傷が残らないために、親であるうのさんや、周囲の大人が配慮していくことを願うばかりです。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>