菊池桃子の長女に障害?中学受験で学校はどこ?離婚の理由は?息子の高校と大学は?自宅は?


菊池桃子さん、15歳でデビューし、かわいらしい笑顔と優しそうな人柄で、常に視聴者やファンを和ませてくれています。大人になっても変わらぬ美しさですね。

そんな菊池桃子さんが結婚したのは1995年、相手はプロゴルファーの西川哲さん。
翌年長男が生まれ、その5年後に長女が生まれますが、生後7か月で・・・

左手足に麻痺が残る脳梗塞の跡があることがわかったんです2014年02月28日NEWSポストセブンhttp://www.news-postseven.com/archives/20140223_242539.html

菊池さんの長女は、病気の後遺症で障害を負うことになりました。
子供の脳梗塞は、10万人に数人の割合しかいないそうです。
お名前は小百合(さゆり)ちゃんです。ブログにも『サユ』と出てきますね。

同じ脳梗塞でも子供の場合は、リハビリなどによって手足の機能を高めることができます。
娘さんも歩くことができ、有名私立小学校を受験し入学しました。
しかし、学校生活に支障があり、肢体不自由児対象特別支援学校転校することに。

私は以前、障害児を預かる施設にいたのですが、肢体の子は知的な障害がなく、また見た目にわかりやすくサポートを受けやすいので、知的障害児のお母さんは時々、肢体の子が羨ましいと言っていました。

しかし、菊池さんは”いちばん辛い思い出”として、娘さんが幼稚園の頃、『ママ、私って普通の小学校に行けるの?』とか、『私は将来、どんなお仕事ができるの?』と聞かれたことだと語っています。
どんな障害でも、その子なりの苦労、その家族なりの苦労があります。

娘さんとは中学でまた受験にチャレンジしますが、今度は受験先で苦労が。
ご自身のブログでは 多くの私立中学校の、受験資格のなかに『心身ともに健全な者』という記載があります。 と、受験資格も与えてもらえないことに対する疑問や辛い気持ちがつづられています。

いくつかの学校で受験を断られますが、それでも菊池さんと娘さんはある私立中学に合格
制服の採寸に大きくなったなぁ~と涙が出たそうです。

ところで、そんな菊池さんの娘さんを受け入れた学校が、どこの中学なのか気になります。
学校名はもちろん非公開になっていますが、都内の有名私立女子中学、その他の情報から、東京女学館、学習院、東洋英和、白百合、跡見など候補が上がっていますが、2chの素晴らしい情報発信力によって、跡見学園中学校が有力となっています。
ブログに掲載されたパンフレットの制服写真と、合格発表の日にちや制服採寸の日にちまですべて網羅した判断です。

WS000000

ところで、菊池さんはシングルマザーです。
2012年に離婚した元夫の西川哲さんは五月みどりさんの息子。

WS000001 WS000002
離婚の理由は、西川さんの女性問題借金問題育児放棄と言われています。

布川敏和さんの記事でも軽く触れましたが、障害を持つ子供のいる家庭の離婚率は高いといいます。
離婚まで行かなくても、父親が障害のある子を受け入れられない、そんな悩みを持つ人は多いです。

シングルマザーとなって二人のお子さんを育てているわけですが、長男である息子さん、お名前は幸秀(ゆきひで)さんといいますが、息子さんは立教大学付属高校に通っており、順当にいけば大学もそのまま立教大学へ進むことになります。

離婚前、ご主人の借金問題で自宅が抵当に入り、自宅を売却
菊池さんは三人で住む家を、学校に通いやすい場所に1億2千万円キャッシュで購入したということです。

WS000003

2012年の8月から戸板女子短期大学の客員教授もしています。
昨年はNPO7法人「キャリア権推進ネットワーク」の理事にも就任し、噂では入閣もあるのではということ。
これについては本人が否定していますが、確かに優秀なワーキングマザーでもある菊池さんに政治家はぴったりかもしれません。
障害を持つ子供も親も、本当に辛い思いをしています。
菊池さんのようにいろいろな苦労を知っている人が、行政を変えて行ってほしいという願いから出た希望の声なのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>