梨花の子供の幼稚園は?育児ストレス?流産?原因は?新居の住所は碑文谷?


タレントの梨花さん。フランス人のクォーターでモデルや歌手としても活躍していました。
ワーストエプロン大賞を二度も受賞しながらも、結婚と出産を経て今やママタレントとして活躍中です。梨花さんが出産したのは・・・

梨花の子供の幼稚園は?

2011年11月18日。
第一子を出産し、性別は男の子。

WS000010

名前は蒔絃(じげん)くん。
珍しい字ですので、普通の学校に入ったら、すぐに梨花さんの子供だということが伝わりそうです。

現在の年齢は3歳ですので、3年保育なら2015年4月から幼稚園。
現在、すでにプリスクールに通っています。

幼稚園に関してわかっているのは、紗栄子さん、鈴木紗理奈さんのお子さんと同じ幼稚園で、都内のインターナショナルスクールという情報のみです。
紗理奈さんとは親友と呼べるほどの仲の良さらしいので、同じ幼稚園に通えるのは楽しいでしょうね。

WS000011

紗栄子さんの実家のある宮崎県のアメリカン・キンデゥガーデンがその幼稚園だという記事も見かけますが、紗理奈さんや梨花さんまでと考えると、どうも違うように思えますよね。

梨花さんはプリスクール入学までブログに息子さんの顔出しもしていましたし、子供の名前も公開していますが、インターなら芸能人の子供ということも外部に伝わりにくく安心です。
最初からインターナショナルスクールへの入学を考えていたのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>


育児ストレス?

ところでそのプリスクールに関連して、2013年6月に梨花さんが育児ストレスなのではという報道がありました。

WS000012

その原因となったのは梨花さん本人のブログで、深刻な抜け毛について語っていました。
抜け毛のほか血液検査の数値の結果や病気への不安についても語っていましたが、解決策としてクリニックで処方されたサプリメントを取るようにするとのこと。

同じ日のブログでにはこのような記述もありました。

今朝もギャン泣きな息子君。
私のTシャツは涙でビショビショ・・・。

梨花さんはスクールを覗きに行ったり、何度も電話をして様子を確かめたりしていたようで、そういった行動が育児ストレスなのではと多くの記事で伝えられました。

しかしこれって、プリスクールに通い始めた息子君が、母子分離で泣き、ママの方も泣かれる辛さで落ち込んでいる、という状況のように思えます。

少し後のブログを読むと息子君、午後は一度も泣かなかったみたいなんですとか先生からmamaの覚悟が伝わったかなぁ~!って、ホントそうなのかな!?という記述もあり、育児ストレスとは少し違うのかな、という気がします。

初めての育児はどんな人だって不安の連続で、特にこの、母子分離、慣れるまで母も子もツライです。
それでも、預けられる先が楽しい場所だってわかってくれば、子供は落ち着いてくるんですよね。

2人目、3人目となるとぜんぜん大丈夫なのですが、1人目の時は不慣れですし、梨花さんの場合は、特に息子さんに対する思いも強くなってしまう理由があるようなので、ママの方の気持ちも特に辛かったかもしれません。

流産?原因は?

第一子が生まれるまで、過去3度の流産を経験したという梨花さん。
その辺りのことも、ご自身のブログで語ってくれています。

ブログによれば梨花さんの流産は流産を繰り返してしまう習慣性流産だったとのこと。

WS000013

長男を出産した年齢が38歳ということを考えると、自然流産率が20%といわれる高齢出産が原因だったかもしれませんが、原因はわかっていないということ。
梨花さんはそのストレスから顔面神経痛にもなったそうです。

そして、一般的に流産の多くが原因が特定できず、原因が特定できないということは、状況を改善することもできないということで、多くの人が苦しい思いをしています。

梨花さんのブログにも流産の苦しみについての記述がありますが、どれだけ辛い思いをするかは、経験した人にしかわからないかもしれません。

WS000014

何しろ、元気に息子さんが生まれてきてくれて、よかったです。

WS000015

新居の住所は碑文谷?

梨花さんが結婚した相手は建築会社に勤める一般人男性。
その旦那さんと息子さんと三人で、都内に新居を建てて住んでいます。

住所は碑文谷ではないかという噂ですが、物件は二階建てで300㎡以上の築面積、価格1億5千万円とのこと。
新築ではなくフルリフォームで、美術館のようなデザイナーズ仕様とのこと。

流産という辛く苦しい思いを三回も経験された梨花さん。
この苦しみも女性ならではですが、これから、思いの詰まったこだわりの新居で、母であり妻であるという女性ならではの幸せを満喫して、元気に過ごして行って欲しいですね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>