高岡早紀の子供の父親は?何人?息子の名前は?学校はインター?元旦那の保阪尚希は?

Pocket



高岡早紀さん。色気のある演技が多く、今年で年齢が42歳になりますが、まだまだこれからを感じさせる女優さんですね。
プライベート生活は結構複雑で、結婚した相手は・・・

高岡早紀の子供の父親は?何人?

最初に結婚した相手は俳優の保阪尚希さん。

WS000000
保坂さんとの間に二人の子供が生まれます。

そしてこの後、2010年に事実婚と報道された青年実業家男性との間に子供が一人生まれており、子供の人数は3人です。

息子の名前は?学校はインター?

子供の名前は長男が虎太朗(こたろう)くん。
次男が龍人(りゅうじ)くんです。
年齢は虎太朗くんが16歳。
弟の龍人くんが13歳。
二人ともインターナショナルスクールに通っているそうですが、学校名までは情報がありませんでした。

インタビューに答えて、子供の学校がインターだから、日本語が苦手という話をしていました。

それだけしっかり英語の環境に置いたということなのでしょう。
どれだけ英語英才教育をさせても、身近な環境で主に日本語を使っている場合は、英語の習得が難しいという話です。
当サイトでも西田ひかるさんやモーニング娘。の佐藤優樹さんの例があります。

娘さんに関しては名前や学校の情報はなく、現在の年齢が3歳ということだけがわかっています。
フライデーは高岡さんが息子さんとレストランで食事をした記事を報じていました。

※追記(2014年10月18日)
2014/10/17放送の『アナザースカイ』にて、現在息子さんたちがハワイに留学中であることが放送されていました。

<スポンサーリンク>


元旦那の保阪尚希は?

高岡さんと保阪さんの結婚期間は1996年から2004年6月までの8年間ほど。

保阪さんは育ちが複雑な方で、7歳の時にご両親を自殺で亡くしています。
その後、祖父母と暮らしますが中学生でアルバイトをしながら家計を助けていました。
その頃のイタリアンレストランでの経験により、料理が得意なのだとか。
お子さんたちのお弁当も、保阪さんが作っていたそうです。
いいお父さんですね。
子供たちは高岡さんと暮らしていますが、親権は保阪さんが持っています。

離婚と再婚?

保阪さんとの離婚の理由ですが、2014年4月の週刊現代で保阪さんがこのように語っています。

’04年に彼女とミュージシャン(布袋寅泰)の不倫報道が出たとき、僕はマレーシアにいました。

(中略)

彼女は移り気な性格だったので、遅かれ早かれ離婚は避けられないと思っていたんです。夜中に帰ってきた彼女から、「離婚して」と迫られたこともありました。そのとき、「子どもの問題はどうするの?」と尋ねてみました。

すると彼女は、「尚ちゃんに親権をあげるから」と言うんです。それ以来、「そこまで言うなら、結婚はもう長く続かないだろうな」と覚悟していました。彼女は結婚して子どもを産んでからも、母親であるより、女としての部分のほうが強かったんでしょう。

(中略)

離婚会見では、僕は離婚の理由も彼女の男性問題も話していません。親権は僕がもらったけれど、子どもたちの母親だから悪く言いたくない。

(中略)

あの時も、僕は裁判をして慰謝料をとるという選択肢を選びませんでした。怒りを仕事へのエネルギーに転化して、離婚を乗り越えることができた。どんな辛い経験からでも学ぶことはあると、彼女に教えられた気がします。http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39098

布袋寅泰さんとの不倫やほかの男性問題が理由だったということですが、保阪さんと離婚し、その後6歳年上の内縁の夫と言われた青年実業家とは、内縁の夫が出資者から集めた1億円を持ち逃げした事件があり、その一件で破局しています。

今年2014年3月に年商250億円の実業家と熱愛中という報道が女性セブンで報じられましたが、再婚までは言及していません。

お相手は株式会社 ダイヤモンドダイニングの松村厚久さんです。

WS000001

自宅で出産?

保阪さんと暮らしていた、時価総額1億円と、敷地面積258平方メートルの自宅は、競売にかけられたという報道がありました。

しかし高岡さんのブログを見ると、2014年8月、ウチでひとりプール…と、自宅プールに入る姿がアップされていますので、今もこの自宅に住んでいるようです。
(ひとりプールの写真は、誰が撮ったんでしょうね?)

WS000002

 

高岡さん、お子さんは三人とも自宅出産していますので、きっとこの港区の自宅で出産されたのでしょう。

プールもあるなら自宅出産のみならず、さらに水中出産もできたかもしれませんね。

高岡さんが自宅で出産した理由は、極秘出産をしたかったということもあると思いますが、助産師さんを呼んで家で出産する人は決して珍しいわけではないので、普段と同じリラックスした状態で家族に見守られながらの出産を選ぶ人もたくさんいます。
ある番組でご自分のことを『出産上手』と話していましたが、高岡さんは女性性の強い人ですから、出産も女性大きなイベントとして楽しむのかもしれません。

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>