真木よう子の離婚で子供の学校はどうなった?離婚理由は旦那の片山怜雄にあったのか?

真木よう子さんといえばクールで大人な女性というイメージがあり、男女ともに人気のある女優さんとして知られていますね。

最近では所属事務所が決まったり、NHKのドラマで主演を獲得したりなどなにかと話題となっているようです。

そんな真木よう子さんについて、過去に離婚をしたと言うことを知っている人も多いのでは?

今回はその離婚によって子供の学校などはどうなったのか、その離婚理由は旦那であった片山怜雄さんにあったのかを見てみたいと思います。

また、最近はかなり痩せてしまったようですが、ネットに広がる彼女の腹筋というキーワードについても見てみましょう。

スポンサーリンク




真木よう子の離婚で子供の学校はどうなった?

真木よう子さんは中学卒業と同時に役者への道へと進み、その後はドラマ問題のあるレストランセシルのもくろみなどで主演を務める大女優へと成長しました。

特にセシルのもくろみは彼女の他にも多くの有名俳優が出演していたり、主題歌を人気ロックバンドである夜の本気ダンスが担当するなど、かなり注目をあつめた作品となりました。

ドラマや映画での活躍も充実していたのですが、私生活では2008年11月に片山怜雄さんと結婚しています。

翌年5月には女の子が誕生するなど、彼女にとって仕事も家庭も満たされたものになっていたようです。

しかし、2015年に離婚を発表したことは多くのファンを驚かせました。

離婚の理由などについては後ほど書きますが、子供の親権は真木よう子さんが持っているということもあり、現在はシングルマザーとなっているのだとか。

ではまず、彼女の離婚によって子供は現在どうしているのか? 通っている学校などについて見てみましょう。

<スポンサーリンク>

離婚後の子供の学校や現在は?

2015年9月に夫である片山怜雄さんと離婚をした真木よう子さん。

その後は子供の親権を彼女が持つこととなり、当時6歳となる娘さんを女手一つで育てることになりました。

この子供について、母である真木さんは一切の情報を公開していません。

生年月日はわかるのですが、名前や顔のわかる写真といったものはほぼ存在しないと言ってもいいでしょう。

そのせいなのか、実は子供は病気ではないか? なんてデマ情報もあったのだとか。

なぜ情報がないのか? きっと自身が芸能界という世界にいるということが影響しないよう、娘に関しての情報が出ないようにしているのではないかと思います。

さて、そんなお子さんも現在(2018年)には9歳となり、小学校に通っている年齢となっています。

しかし、先程も書いたように娘に関する情報は不明なものが多いです。

なのでハッキリとした学校名などはわかりませんが、噂によると『学校法人和光学園 』に通っているのではないかと言われています。

和光学園といえば幼稚園~大学を運営している法人として有名ですね。

また、個性を大切にする学風ということで、芸能人が子供を入学させたい学校としても人気なのだとか。

※イメージ画像

真木よう子さんがご自身で自分の娘が和光学園の小学校に通っていると公開しているというわけではないのですが、多くのメディアがそう伝えています。

和光学園には以前から多くの芸能人の子供が通っていて、芸能界という世界に理解のある学校ですので、子供が和光小学校という可能性は高いのかもしれませんね。

離婚理由は旦那の片山怜雄に?

真木よう子さんが2008年11月に結婚をしたのは、元俳優であった片山怜雄さんでした。


彼が俳優業を辞めたのは結婚をしたあとだそうで、その後は小説家を目指しつつ主夫として多忙な妻に代わって家事などをしていたのだとか。

子供と一緒にでかけたり料理の腕前も良かったということもあり、近所からは良いパパさんとして知られていたという話もあったそうです。

そんなバランスの取れた良い夫婦がなぜ離婚をしてしまったのか?

噂によると離婚の原因は旦那である片山怜雄さんにあると言われていますが、本当にそれだけなのか気になります。

離婚の理由は旦那だけではなかった?

二人が離婚をしてしまった原因について、伝えられているところをみてみましょう。

ひとつには、噂によると旦那である片山怜雄さんの収入が少なかったという話があるようです。

先程も少し書きましたが、夫である片山さんは結婚後に俳優という仕事は辞めています。

アルバイトをしていたという話もありますが、やはり収入というのはそこまで多くなかったのかもしれません。

あくまでも噂レベルですが、こういった収入の格差や生活習慣、そして価値観の違いから離婚をしてしまったというのが理由だと伝えられています。

次に、もう一つの理由として、真木さんの方に原因があるという噂があります。

2012年ごろにフライデーによって彼女が長塚圭史さんとデートしている現場が公表されたのは有名な話になってしまいました。

この長塚さんにも家庭があったということもあり、かなり大きな話題となりました。

また、家に帰らず他の俳優と飲み歩く姿もあったということで、離婚の原因というのは夫ではなく妻の真木さんにあったのでは? という見方をするメディアもあります。

結局は正式な離婚理由について両者とも語ってはいませんのでわかりませんが、どちらにしても夫婦の間に大きなすれ違いがあったことには間違いないのかもしれませんね。

最近は痩せたことで腹筋が?

一時期はテレビへの露出が減ってしまった真木よう子さんですが、最近になって所属事務所が決定したりドラマへの主演が決まるなど、再び活躍の場が増えてきているようです。

そんな真木さんについて、ドラマセシルのもくろみを観ると、かなり痩せていますよね。

あまりにも以前とは違う姿ということで、ガリガリに痩せた理由は病気とかストレスではないか? なんて話も出てきたのだとか。

しかし、ここまで痩せたことで以前よりも引き締まった体になったと思いますし、何よりドラマで見せた美しい腹筋というのも話題となっているようです。

痩せてきれいな腹筋はドラマのために?

このセシルのもくろみというドラマですが、専業主婦がモデルになり注目を集めるという作品です。

真木よう子さんは主演ということで注目をあつめていましたが、それ以上にその体型に注目があつまったと言われています。

というのも、その姿はガリガリとも言えるほどの細さとなっており、その写真などに多くのファンが驚いたようです。

これには病気説やストレス激ヤセした説なども流れていたようですが、どうもガリガリに痩せた真相というのはドラマの役作りだったと言われています。

役者さんは役作りのために努力をするとは聞いていましたが、ここまでできるのは真木さんに強い女優魂があるからではないでしょうか?

さて、そんな女優魂を見せたドラマですが、その見どころというのはエンディングにあります。

ただでさえ引き締まった体に引き込まれますが、やはり見どころは真木よう子さんの腹筋です。

ガリガリに痩せるだけではこれだけ見事な体にはなりませんし、何より健康的に筋肉がついているという印象があります。

彼女がこの役作りのためにどれだけの努力をしたのか? それがわかるぐらい魅力的な腹筋ではないでしょうか?

2018年12月には久しぶりの主演となる炎上弁護人が放送されますので、きっと真木よう子さんは次の役作りのために努力をしていることでしょうね。

真木よう子の今後の活躍は?

過去にはツイッターへ外部に漏らしてはいけない視聴率や土下座の投稿によって炎上したり、コミケ騒動などによって別の意味で注目をあつめてしまいました。
また、主演のセシルのもくろみも打ち切りに近かったということもあり、女優を引退するのでは? という噂もあったようです。
しかし、新たな事務所への所属や主演の決定など、2018年は真木よう子さんにとって新しい一歩を踏み出す年になるのかもしれません。

これからも多くの人を魅了する、素敵な女優として活動してほしいですね。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.