原田知世に子供はいる?結婚はいつで年齢と相手は?離婚の理由はなぜ?姉は現在?


原田知世さんがデビューしたのは1982年。
同じく角川ではその2年前に薬師丸ひろ子さんが鮮烈なデビューを果たしており、薬師丸ひろ子さんが映画で演じた『セーラー服と機関銃』のテレビドラマ版で主演を勤めました。

さらに彼女を一躍有名にしたのは、角川映画『時をかける少女』です。

この映画は大林宣彦監督の尾道三部作のうちの二作目となり、興行収益がこの当時で28億円という偉業を成し遂げた作品です。

主題歌を作詞作曲したのは松任谷由実さん。
今でも本人によるもの、また、カラオケやカバーで歌い継がれる名曲です。

正直なところ当時は、歌がうまいとはとても言えない印象がありますが、アイドルのように歌っていた彼女も、今や50歳になろうとしています。

私生活では結婚もし、子供は・・・

原田知世に子供はいる?

1967年11月28日、長崎県長崎市出身の原田知世さん。本名も同じです。

出典 http://www.musicman-net.com/

デビューはまだ長崎の公立中学、長崎市立岩屋中学校に通っているころ。

オーディションによって特別賞に選ばれた彼女は、デビュー作で主演・主題歌薬師丸ひろ子さんに続く角川事務所のスター路線を歩きます。

スクリーンデビューとなった『時をかける少女』の映画の内容は、原作筒井康隆さんによる同名のSF小説で、タイムトラベルを題材にしたものです。

出典 http://tomobiyori.blogspot.com/

今思うと映画『君の名は。』と通じるところもありますが、物語の結末は違ったものとなっています。

どちらのエンディングが好きかと聞かれれば、やはり『君の名は。』に軍配があがるかもしれませんね。

詳しい結末はネタバレになるので書きませんが、ぜひ映画を観てみてくださいね。

出典 http://topicks.jp/38619

時をかける少女の時の髪型は、やはりショートでしたが、どこかスタートレックのスポックを彷彿とさせるところは、当時の日本のSF界全体が、まだまだ海外の影響を色濃く受けていたこともあるのかもしれません。

その後も、映画主演&主題歌が続き『愛情物語』、『天国にいちばん近い島』、『早春物語』とヒット作を連発させ、順調な芸能活動を送ります。

同時に音楽活動も継続しており、コンサートツアーなど、忙しい日々を送っていました。

そんな多忙な生活もあったのか、結婚は遅く、2005年

出典 http://pinky-media.jp/I0006308

しかし8年の結婚生活を経て、彼女は離婚します。

8年という結婚生活の中で、子供はいませんでした。

子供がいない理由ですが、特に言及されてはおらず、例えば唐沢寿明さんと結婚した山口智子さんのように、子供を持たない人生を選んだ、ということも語ってはいません。

出典 http://pinky-media.jp/I0005251

また、原田さんが不妊治療をしているという情報はまったく見つかってないのですが、結婚生活8年で子供のいない夫婦が別れるということに、不妊治療中の女性がショックを受けたと感想を書いていました。

このように、夫婦に子供がいなかった理由は明確にされていませんが、ともあれ、原田さんには子供はいないということです。

斎藤工さんと共演したドラマでは、高校生の子供がいるシングルマザー役でしたが、年齢的にも子供が何人かいてもおかしくないですし、子供の年齢も名前も、多少は情報が出ていたかもしれません。

出典 http://www.oricon.co.jp/

結婚中に子供が出来ていてたら、もしかしたら、早くも芸能界にデビューして、2世として親子共演なんてことも果たしていたかもしれないですよね。

結婚して子供がいる私生活の方が想像がしやすいイメージの原田さん。
なんとなく、易しさの中に強さを秘めた母親像が想像できます。
では、その結婚生活はどのようなものだったのでしょうか?

<スポンサーリンク> 

結婚はいつで年齢と相手は?

2005年に結婚した原田さん。年齢は37歳でした。

出典 http://yaplog.jp/gracio-88/

『ロマンス』や『シンシア』など、結婚式のBGMなどで使われる曲の多い原田さんですが、ご自身の結婚式に関しては特に公表せず、公式ホームページでの報告という形を取ったそうです。

ふたりで温かな時間を過ごしながら、
それぞれがずっと探し求めていた、
パートナーであることを確信いたしました。

お互いに、これまで独身で過ごしてまいりましたが、
なんの予感もなかった、突然の出会いが、
完璧なタイミングで訪れたようでした。こいもうさぎのブログ http://koimousagi.com/5228.html

結婚した相手は、クリエイターのエドツワキさん。

出典 http://pinky-media.jp/

2chの書き込みなどを読むと、当時の原田さんはこの結婚について『運命』という言葉をよく使っていたそうです。

夫婦の結婚生活について、原田さんは私生活を語ることを好まなかったようで、ほとんど情報がありませんが、彼女のライブの演出やCDのイラストなどで、仕事も一緒に行うことが多かったようです。

出典 http://www.instget.com/

そういえば薬師丸ひろ子さんと玉置浩二さん夫婦も、結婚生活の中では、二人で歌ったデュエット曲をアルバムに収録したり、薬師丸さんが夫である玉置さんのライブに同行したりと、仕事の上でも共同作業をしていました。

しかし、夫婦は離婚という選択をします。

離婚の理由はなぜ?

デビューから何年経ってもかわいいままの原田知世さん。

出典 https://matome.naver.jp/

結婚してるの?って思われる方が多いのも、少女がそのまま大人になったようなイメージがあるからかもしれません。

そんな原田さんは過去に結婚歴があり、離婚を経験しています。

出典 http://fighter16.com/

結婚相手だった元旦那でイラストレーターのエドツワキさんと、原田さんは2005年に結婚をし、子供はいないまま、2013年に離婚します。

離婚の発表も、結婚同様公式サイトによって伝えられました。

ファンのみなさまへ

突然のご報告ではありますが、
原田知世とエドツワキは、
それぞれの道を歩んで行くことにいたしました。
これまで通りというわけにはいかないかもしれませんが、
今後は互いを尊敬できる友人として、
新たな関係を築いていけると思っています。
私たちの決断と今後のそれぞれの活動を
これからも温かく見守っていただけましたら幸いです。

2013年12月27日 原田知世 シネマ速報 http://cinesoku.net/articles/27507.html

このように円満離婚であったことが報告されています。
報道によると、離婚の原因は夫婦のすれ違いと伝えられており、また、離婚の理由は子供がいなかったことだと伝えているニュースもありました。

離婚の真相は?

原田知世さんを調べると、そのイメージに反して、2009年頃、タレントの北野誠氏によってある趣味・嗜好カミングアウトされたという不名誉な噂が付いて回っています。

出典 http://www.oricon.co.jp/

この北野氏は『噂の!東京マガジン』や『情報ライブ ミヤネ屋』にも出演していましたので、言われれば顔を思い出せる方もいるかと思います。

特に、関西のラジオ番組『誠のサイキック青年団』では数々の問題発言を頻発しており、それが原因で芸能界を干されたといわれている人です。

ラジオではこの件について、イニシャルで『女優H』と話していましたので、もちろんこれが、原田知世さんのことだとは明言していませんが、有料のイベントに集まったファンに対しては実名で発言していたという情報もあり、2chではそれが事実として認識されているようです。

こういった噂って、一度立ってしまうといつまでも消えませんよね。
噂には、その趣味があるのは原田さんではなく、元交際相手であるバンド・ソフトバレーのボーカル遠藤遼一さんだったという説もあるようです。

出典 https://twitter.com/

面白おかしく、離婚したのも子供がいなかったのも、この北野武氏が暴露した趣味・嗜好によるものと伝わっていますが、そもそも何の根拠もない、それまでも過激発言によって相手に謝罪したことも少なくない人の話ですので、信じる理由はありません

離婚の真相については原田さんも夫のエドツワキさんも言及していませんのでわかりませんが、夫婦の関係はその人たち固有のものですので、結局は本人たちしかわからないということなのでしょう。

最近は子供がいてもいなくても、別れる夫婦は別れますしね。
子供がいないことが原因ということも、ない時代です。

ところで、原田知世さんのお姉さんも離婚していたことをご存知でしょうか?

姉は現在?

原田知世さんには子供時代を共に長崎で過ごした、実のお姉さんが一人います。
名前は原田貴和子さん。

出典 http://www.cinematoday.jp/

2歳年上のお姉さんは、知世さんより後に芸能界にデビューし、女優として活動します。
代表作は映画『彼のオートバイ、彼女の島』や『私をスキーに連れてって』。

また、最近では2016年の24時間テレビ『はなちゃんのみそ汁』に医師役で出演していました。

姉の貴和子さんの結婚は2001年
記事によると、お相手は元NTTの社員である一般人男性ということです。

出典 http://www.pacvoice.com/

年齢が36歳の時ですので、遅い結婚だったと思いますが、翌年には最初の子供である長男を出産していますので、できちゃった結婚の可能性もありますね。
高齢出産でもありました。

また、その2年後には長女も生まれ、一男一女に恵まれ、芸能活動を休止し、幸せな結婚生活を送っていたように思えます。

しかし、2011年、貴和子さん夫婦は離婚します。

離婚の理由は不明ですが、その後、貴和子さんは芸能活動を復活させ、現在も芸能界で女優として活動しています。

出典 http://eigaflex.com/

子供の年齢を考えると、現在長男が15歳とか16歳とか、長女が14歳とか15歳とかですので、思春期に差し掛かっていたり、また、高校受験なども続く時期なのではないかと想像します。

そのため、芸能活動はセーブしながら、子育てと両立させているのかもしれませんね。

収入は少ないかもしれませんが、養育費等もあると思いますし、なにより知世さんも離婚後、東京都内のお姉さんの家に身を寄せていたという情報もありますので、妹も生活を助けてくれているのかもしれません。(出典 女性自身 原田知世 再出発決意させた姉・貴和子の極秘離婚とシングル母奮闘 http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/19630)

何しろ知世さんにとっては、かわいい甥と姪であり、何よりたった一人の姉であるわけですから、その愛情は深いものがあると思います。

出典 http://www.sankei.com/

女性自身によると、知世さんはご自分の離婚について姉の貴和子さんに相談していたということです。
姉の離婚に後押しされて、自分も別れるという決断を選んだと記事は伝えています。(出典 同上)

一部、なぜか姉に死去の噂がありますが、知世さんの姉、原田貴和子さんは現在も芸能活動を続けていますので誤解なさらないでくださいね。

余談ながら、原田知世さんの姉というとネットでは原田美枝子さん、石田ゆり子さん、吉田羊さんの名前が挙がります。

出典 http://www.my-pro.co.jp/

石田ゆり子さんと吉田羊さんは、雰囲気が似ているからということのようですね。

出典 http://kokokara.hateblo.jp/

確かに、石田ゆり子さんのふわっとした雰囲気や、吉田羊さんの細面の眼差しなどは、写真を見ると私も似ていると思います。

出典 http://www.oranku-yy.com/

でも、実の姉の画像を見ると、やはり一番似ていますよね。

出典 http://kaminews100.blog.so-net.ne.jp/

原田さんの髪型はショートもボブも、本当によく似合っています。
ブレンディのCMでの髪型や、最新ドラマでの髪型にも注目されていて、彼女の最新の髪型を真似したいと思う方がいるのも、大納得です。

公式のインスタを観たファンの方の感想では、少し太った?とか相変わらず少女みたいというコメントが寄せられています。

出典 http://www.oricon.co.jp/

確かに、インスタグラムの画像で最近の姿を確認しても、昔の画像と比べても、本当に変わらない印象を与えます。

子供を出産していないこと、子育てをしていないことも、そんな雰囲気の一役を担っているのかもしれません。

出典 http://nekolob.com/

ドラマ『運命に似た恋』の動画も、また、再放送を待つ声も多く、多くの感想がブログやツイッターなどで語られています。

ドラマの中で歌われている歌も注目されていますので、興味のある方はレンタルDVDや配信サービスを利用して、視聴してみてくださいね。

まとめ

最後にまとめをお送りします。

・原田知世に子供はいる?
原田知世さんには子供はいませんでした。

・結婚はいつで年齢と相手は?
結婚は2005年。年齢は37歳の時。
結婚相手はクリエーターのエドツワキさんでした。

・離婚の理由はなぜ?
離婚の理由は明確にされていませんが、すれ違いと伝えられています。

・姉は現在?
2001年に一般人男性と結婚し、一男一女の子供を出産。
その間、芸能活動を休止していましたが2011年に離婚。
その後、芸能界に復帰し、女優を続けています。

演技だけではなく歌でも多くのファンを魅了している原田知世さんですが、FNS歌謡祭での衣装も毎回素敵です。
昔の彼女を知る人は、歌が下手だと思われている方も多いようですが、ぜひyoutubeなどで最近の歌声を聞いてみてください。
年齢と経験を積み、深い味わいのある歌を聴くことができるはずですよ。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>