NOKKO(レベッカ)の娘の夏乃もデビュー?学校は?現在の旦那と再婚?兄との確執やノイローゼ?

Pocket



REBECCA(レベッカ)がデビューしたのは1984年のこと。
4枚目シングルフレンズ/ガールズ ブラボー!
テレビドラマの主題歌にも起用され、大黒摩季さんや
稲垣潤一さんなど、10人以上のアーティストにカバーされた
(最近では友近扮する水谷千重子もカバーしていますね)
レベッカとノッコを代表する名曲となっています。

ここ数年、音楽番組の特番で、フレンズを歌うノッコを
目にして感動した方も多いのではないでしょうか。

フレンズが大ヒットした1985年、ノッコは二十歳でした。
そんな彼女も今や53歳。いろいろなことがありました・・・

NOKKO(レベッカ)の娘・夏乃もデビュー?

REBECCA(レベッカ)のNOKKO。
本名は山田信子さん。
のぶこという名前から、ノッコなんですね。

生まれたのは1963年11月4日。
埼玉県浦和市出身です。
現在の年齢は53歳。

レベッカは現在に至るまでメンバーを変更しながら
解散や復活を重ねていますが
最初の活動休止は1990年。翌1991年に解散します。

そしてその1990年、ノッコは1985年までレベッカのメンバーだった
木暮武彦さんと結婚しました。

しかし、その3年後、1993年に離婚。

この辺りの経緯はまた後程詳しく書きますが
ノッコは2002年に再婚します。

そして、2006年8月1日に
最初の子供である娘を出産しています。

出産年齢は42歳。
高齢出産です。
この時のことをインタビューに答えてこのように語っています。

「出産前にはいろんな書類にサインしました。書類を書くたびに、死ぬ覚悟をしないといけないよ、と言われているような気持ちでした」
日経ウーマンオンライン http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/052300136/061500021/?P=4

それでも出産は無事に済み、ノッコの娘は現在11歳。
まだ小学生ですね。

ノッコの娘というと、元旦那の木暮武彦さんが
再婚した相手との間に生まれた娘の
杉咲花さん(女優・すでに両親は離婚)と
勘違いされている方が多いようですが
杉咲花さんはノッコの娘ではありません。

娘の名前は保土田夏乃(ほとだ かの)さんです。

<スポンサーリンク> 

娘の夏乃もデビュー?

ノッコが再婚した相手についても後で書きますが
音楽プロデューサーと再婚します。

両親ともに音楽関係で育っていますので
期待が高まるところですが
娘さんは実はすでに、音楽の活動はしています。

ノッコが2013年11月27日にリリースした
「もうすぐクリスマス」というアルバムの中の
ジョンレノンをカバーした「HAPPY CHRISTMAS」で
コーラスをしているとのこと。

ただ、声の特定まではちょっと難しいですね。

これをデビューと呼んでよいかわかりませんが
自宅のスタジオでレコーディングされたそうなので
自然に、音楽の道に進むような気がしますね。

ピアノも習っているそうですしね。
これからに期待できそうです。

娘の学校は?

ノッコは現在熱海で生活していますので
当然家族も一緒に熱海に住んでいますよね。

現在、小学5年生の娘の学校ですが
どうやら静岡県沼津市にある
加藤学園暁秀初等学校のようです。

この学校は、静岡県沼津市にある私立の学校で
中学からは加藤学園暁秀中学校・高等学校や
加藤学園高等学校があり
その先の進学もスムーズになっているようです。

 

由緒正しい学校で、特に初等部は英語教育に力を入れているようで
日本初となる英語イマージョン・プログラムが導入されている学校です。

ノッコ自身もレベッカ結成前と解散後
アメリカに渡っていますので
娘にも海外で活躍させたいという気持ちがあるのだと思います。
もしかしたら留学などもあるかもしれませんよね。

そんなわけで、英語教育に力を入れている学校を
選んだのかもしれませんね。

現在の旦那と再婚?

先ほどもお伝えしたようにノッコは
離婚歴があり、今の旦那さんとは再婚です。

最初に結婚した相手は、
ノッコが最初に結婚したのは
同じレベッカのメンバー(リーダー)だった
木暮武彦(シャケ)さんです。

元旦那は?

木暮武彦さんは1985年にレベッカを脱退し
1986年にはRED WARRIORSとしてデビューします。

RED WARRIORSも1989年に解散してしまいますが
このバンドも伝説的な人気を誇りました。

1990年にノッコと結婚し、二人は渡米し
ロサンゼルスで結婚式をあげました。

しかし、3年後に離婚。

離婚の原因は公にされてはいませんが
音楽性の違いだったと伝えられています。

実際、リーダーだった木暮さん脱退後に
レベッカはブレイクしていますしね。

二人の間に子供はおらず、
木暮さんはチエ・カジウラさんと1996年に再婚し
1997年10月2日に現在女優として大活躍している
杉咲花さんが誕生しています。

その後、Chie Kajiuraさんとも2000年に離婚。

木暮さんは2003年に
15歳年下の裕子さんという一般女性との間に
子供が生まれています。(息子・青葉くん)


二人は2004年に入籍し、現在も続いています。

再婚した相手は?

ノッコの方は、木暮さんと離婚したあと
1992年からソロとして楽曲をリリースし
1994年に出した『人魚』は今でも人気の高い名曲です。

音楽活動を続けながら2002年に再婚。

相手はGOH HOTODA(保土田 剛)さん。


お仕事は音楽プロデューサーのほか
ミックスエンジニア(音響技術者)をやっている方で
この方、すごいんですよ。

10歳のころからほぼアメリカで暮らしていて
マドンナの音響を担当したり
坂本龍一、宇多田ヒカルなど
超一流アーティストのミックスを担当しています。

そして、2006年に長女の夏乃ちゃんが生まれ
以後、熱海で暮らしているようです。

熱海の自宅にはスタジオがあり
多くのアーティストが出入りしている
目撃情報があるのだとか。
studio GO and NOKKOを運営していて
サイトもありますが、これが自宅だったら
すごい・・・と驚かされますよ。

今は家族3人、子供と音楽が中心の生活をしながら
幸せに暮らしているようですね。

兄との確執やノイローゼ?

ノッコは一時期、うつやパニック障害などのノイローゼと闘っていたという
情報があります。

具体的な時期や容態、病気の症状などは公表されていないのですが
その原因は、ひとつには兄との確執が囁かれています。

ノッコのお兄さんは山田貢司さんといって
レベッカ初期メンバーでベースを担当していました
ただ、その器官は1年に満たず、すぐに脱退しています。

お兄さんは現在も音楽プロデューサーとして活動していますし
ノッコがソロで活動しているときも作曲や編集を担当していますので
関係は良好であったと思われるのですが。

ノッコのパニック障害やうつは、家族のことが原因といわれながら
詳しい内容はまったくなく、生い立ちについても普通に
「山田電機」という電気屋さんで育っていて、バレエも習い
特に何か不幸な出来事があったわけでもないようです。

精神的な病気を患っていたとされるのが
出産後と伝えられているので
これらのノイローゼ症状は
産後うつが原因だったのではないかといわれています。

原因はYUKIの歌詞パクリ問題

また、もう一つ伝えられているのが
歌詞をパクラれたことが原因で
精神を病んでしまったのではないかというものです。

歌詞を真似したと言われているのが
JUDY AND MARYのヴォーカルYUKIさんです。
ほとんどの曲で作詞を担当していました。

2006年の11月に発売された「婦人公論」での特集
「特集 心の疲れは、ごまかせない」で
ノッコのインタビューが掲載されました。

その言葉はこのようなものでした。

歌詞を盗まれ、スケジュールに追い立てられて 空っぽの心のままでは、歌えなかった
http://ci.nii.ac.jp/naid/40007477306

誰に歌詞を盗まれたかは明言されていませんが
JAMとレベッカの酷似しすぎている
歌詞の一覧を観ると(2chなどにあるのですが)
それはもう、とんでもない量です。

YUKIさんはレベッカの大ファンで
地元ではレベッカのコピーをしていたそうですが
ファンとか、リスペクトとかインスパイアとか
そんなレベルではないですね。

しかも、彼女のパクリはレベッカの曲だけではなく
他にもたくさんのアーティストの曲から
フレーズを使っていたとのこと。

実は私、そんなことぜんぜん知らないで
ジュディマリの曲も好きで聞いていたので
驚いてしまいました。

婦人公論が出た時期を考えると
出産後の産後ウツではなく
こちらの方が、大きかったのではないかと思えますね。

余談ながらYUKIさんは長男を2005年に
乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くしているのだとか。
1歳11カ月だったそうですが辛い出来事でしたね。
生まれて来た子供には、とにかく元気で健やかに
育ってもらいと強く思います。

まとめ

NOKKO(レベッカ)の娘の夏乃もデビュー?
レベッカのノッコには、2006年に42歳で出産した
娘が一人いて、ノッコのアルバムでコーラスに参加をしています。
デビューという感じではありませんが、ピアノをやっていて
ゆくゆくはミュージシャンや音楽家として活躍しそうです。

学校は?
ノッコは現在熱海に住んでおり、子供の学校は
加藤学園暁秀初等学校だと思われます。

現在の旦那と再婚
1990年から1993年まで結婚していたのが、同じレベッカのメンバーだった
木暮武彦さんで、木暮さんはノッコと離婚後、チエ・カジウラさんと再婚し
現在女優として大活躍の杉咲花さんが誕生しています。(その後離婚)

現在の夫は音楽プロデューサーと音響技術者のGOH HOTODA(保土田 剛)さん。
マドンナや坂本龍一、宇多田ヒカルなど、
大物ミュージシャンの音響編集を手掛けています。

兄との確執やノイローゼ
ノッコのお兄さんはレベッカの初期メンバーでもあった
山田貢司さんで、現在も音楽プロデューサーとして活動しています。
ノッコがソロでの間も何曲か一緒に活動していますし
特に確執があったような事実は発見できませんでした。
実家も生い立ちも、特に問題は出てきませんでした。

歌詞パクリ問題
ノッコが「婦人公論」で歌詞が盗まれた問題について語っていて
誰に盗まれたかは書かれていませんが、
ジュディ・アンド・マリィのボーカルで作詞担当のYUKIさんが
そうなのではないかと伝えられています。
確かに、歌詞を比較すると
あまりにも多くの同じフレーズが使われていることがわかりますので
興味がある方は探してみてください。


2017年9月18日は、Mステの大型特番「ウルトラフェス」にて
ノッコは23年ぶりにソロでフレンズを熱唱してくれました。

その歌唱力は今でもまったく劣化を感じることなく
近くにいて彼女の声を聞いた高校生が
「この人いったいいくつなの?」と驚きの声を出していました。

確かに現在の年齢が53歳で、見た目にはおばさんになったというか
それなりに年を感じさせるところもありましたが
ひとたび歌が始まると、まるで何十歳も若返ったように見え
まるで魔法を見るのように見とれてしまいました。

これからも音楽活動を続けていくノッコは
多くの年代で受け入れられていくことと思います。

それにしても「フレンズ」懐かしかったです。
テレビの前で熱唱した、同年代の方、たくさんいたと思います。
当時を思い出してカラオケやドライブに、行きたくなりますよね!
ノッコのこれからの活躍に、期待しています!

<スポンサーリンク>




<スポンサーリンク>